研究活動

学会誌「日本消費経済学会年報」

日本消費経済学会では、学会誌「日本消費経済学会年報」を発行しています。

日本消費経済学会全国大会において報告された論文を中心に、消費及び消費者問題一般における研究の成果を広く公開するとともに、研究交流を活性化することを目的とした学術雑誌です。

共同研究プロジェクト(SIG)

第42回全国大会において、「研究推進委員会」の取り組みの一環として「共同研究プロジェクト(SIG: The Academic Special Interest Groups)への支援が創設されました。学会員同士の活発な研究活動にご活用下さい。

毎年度、SIGの立ち上げを募集しています(募集期間は、年度ごとにご案内します)。SIGの立ち上げを希望される会員は、申請書に必要事項を記入の上、本部事務局まで送付して下さい。申請書様式は、こちらからダウンロードして下さい。eメールによる申請も受け付けています。

SIGの応募要領は以下の通りです。

  1. 参加者は学会員に限る。
  2. 活動期間は1年間とする。
  3. 研究代表者は、所定の申請書を研究推進委員会に提出する。提出先は、本部事務局とする。
  4. 採択されたSIGに対して、研究活動費5万円を補助する。
  5. 1年で終了しない場合、審査を受けた上で、連続した2年を限度として継続研究を認める。
  6. 継続が認められた場合の2年目の研究活動費は2.5万円とする。
  7. 研究終了後、1年以内に研究成果を全国大会で発表する共に、「消費経済研究」に投稿することを義務づける。